資金ゼロでカフェをつくる男

不運にも!?毎回資金ゼロでカフェを作ってしまう男のブログ

【できる】と思おうと【できない】と思おうと、どちらも正しい

f:id:s-shuhei:20151105141435j:plain

友人でスーツ農家の聖人君と、

その奥さんの美友生ちゃんが、

「イメージしてたらほんとに講演依頼来ました!」

とか、

「やりたいと思っていたことが怖いくらい叶ってます」

とFBやブログに上げていたけど、

これは2人がちゃんと未来をイメージ出来ているから。

聖人君のブログ↓

成りたい自分をイメージし続けると…成れちゃいました! [ 家福来米つくります!!!!!~家に福が来るお米~ ]

 

しかも2人はチームなので、

チームで同じイメージを共有しているから強いし早い。

チームで船に乗っていて、

別々の方向に漕いでいたらなかなか進まないけど、

同じ方向に漕いでいたら早く目的地までいけるのと一緒。

 

イメージが習慣化すれば、

脳がそのために働いてくれる。

 

それに2人は楽しそうだし良い人だから、

色々な人に協力してもらえる。

悲壮感たっぷりの人は協力してもらえないけど、

楽しそうな人とはお金を出しても関わりたいのが人間だしね。

 

イメージできることは叶えられるし、

イメージできないことは叶えられないのが人間。

 

ヘンリー・フォードが言った有名な言葉↓

【あなたが「できる」と思おうと「できない」と思おうとどちらも正しい】
【Whether you believe you can do a thing or not, you are right.】

 なるほどと思います。

 

詳しいロジックは自分の講演にゆずるとして、

イメージの事を書いた電子書籍の行を載せました。

 

みなさん素敵な一日を☆

 

CAFE LABORATORY

Dococa Coffee

COFFEE HEAVEN

LABO PLUS

 所長 完戸修平

ーーーーーーーーーーーーーーーー

33.【凄い妄想をする】


人は目で映像を見ているのではなく、

脳の視覚野で映像を見ています。

視覚野に映像が届くまでのタイムラグは千分の一秒。

その間にいらない情報を脳の網様態賦活系が弾いてくれて、

視覚、聴覚、触覚も含めて、

100%の世界のうち、脳が見る、聞こえる、感じれるのはたった5%。

95%は見えない、聞こえない、感じない世界です。

詳しくは脳の専門書にゆずるとして、

脳が視覚野に届けるたった5%の情報は

【自分にとって慣れ親しんだこと】になります。


なので僕は大家さんに物件を見せてもらったとき、

メジャーで隅々を計って、

なるべく正確な見取り図を書いて、

店の詳しい間取り、インテリアの配置など書いて画像にし、

カウンターから見える外の景色

DJブースから流れる音楽

皿にフォークとナイフがあたる音

客様の話し声、笑い声、コーヒーミルが豆を挽く音

コーヒーやスイーツの香り

プレオープンにたくさん集まったお祝いの花束・・・


視覚、聴覚、触覚まで使って、

そしてまだ存在していない店が

まるで既に存在しているかのようにリアルに妄想しました。

体感を伴うリアルな妄想を続けているといつしか、

店が脳にとって【自分にとって慣れ親しんだこと】なります。

そうなると脳が視覚野に届けるたった5%の情報は、

店を既にもっている自分になり、

店を作る為に必要な人、物、お金などが、

見え、聞こえ、感じるようになる。

後は掴んで行動すれば、

イメージした通りに店が現実の世界に現れます。

僕は毎回リアルな妄想をすることで店を作っています。

 

www.amazon.co.jp