資金ゼロでカフェをつくる男

不運にも!?毎回資金ゼロでカフェを作ってしまう男のブログ

突然、報われることが起きる条件

https://www.instagram.com/p/_k-n8rhVM2/

大変なことがあったときは、

バランスをとるように報われることがあると、

41年も生きていると体感で感じています。

 発動条件はあるけど。

 

今もそう。

口ではちょっといえないような大変なことが、

経営をしているとおきます。

でも、

それでもそれを上回る良いこともある。

 

20歳で会社を作り、

21歳で数億の売り上げを上げて、

22歳で数億の借金を抱えて会社が倒産し、

30歳前に全ての借金を返して、

現在は若者を育てる仕事をされている

田端さんという方にお会いしたときに、

こんな話をされていいました。

 

田端さんは倒産後、数億の借金を返すため、

軽トラで野菜の行商していたそうなんですが、

行商途中の山の上で車のガソリンもほぼなくなり、

もう仕入れをするお金もなく、

もう死のうと思い崖に望んだら、

色々なことを思い出して声を上げて泣いたそうです。

泣いたらスッキリして、

「この若さでこんなに苦労してるヤツはそうそういないはずだから、

自分は大物になれるかもしれない」

「山の頂上だから、ガソリンがなくても下れるとろまで行こう。

やれる全てのことやってみよう」と、

慣性の法則で下って行った先の初めて入った集落が、

田端さんの地元の熊本の方々が移住して来ている集落で、

事情を話したら、

全ての野菜が売れたそうです。

その後から、

不思議と何処に行っても売れるようになったそうです。

「49%は弱気な自分がいるけど、51%は何とかなる!と思っている自分がいる」

「何度もピンチがあったけど、2%、

【何とかなる!】と思っている自分が多いおかげで、

死なずにやってこれた」

「限界まで行動すれば、突然一気に報われる時が来る」

 

 

僕は大変な時、

田端さんのこの言葉を良く思い出します。

僕はやれること全てをやっているだろうか?

と自問すると、

まだまだやれることは多いし、

行動に移していないことに気がつく。

 

バランスをとるように報われるには、

そのための行動が前提。

ただ状況が良くなるのを漠然と待っていると何も起きない。

未来をもっと面白くするために、

今日も昨日と違う行動をしていきたいね。

 

報われ始めた現象の一つ?

画像は昨日、早めの誕生日プレゼントで頂いたニキシー管時計。

 

CAFE LABORATORY
Dococa Coffee
COFFEE HEAVEN
LABO PLUS
所長 完戸修平


http://www.amazon.co.jp/LIFE-LABO-資金ゼロでカフェをつくる方法-完戸-修平-ebook/dp/B00TN5NZ7I/ref=sr_1_1?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1448443961&sr=1-1&keywords=資金ゼロ