読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

資金ゼロでカフェをつくる男

不運にも!?毎回資金ゼロでカフェを作ってしまう男のブログ

学校や会社で、興味の無いジャンルを強制的にやってみると、以外と良かったりためになったりする

 

https://www.instagram.com/p/BCRzJt1BVLw/

3店舗のカフェ経営、講演業、執筆業、彫金師の完戸です。

 

僕の好きなこと言えば、

コーヒー、インテリア、本、モノ作り(アクセなど)、ゲームなどで、

その全てに関われるのでカフェをしています。

良く音楽とか映画も好きそうといわれるけど、

その二つは人並み以下かなぁ。

 

ウチのカフェスタッフ達は、

バンド関連3人、DJ3人、アカペラ1人と音楽好きな子が多いので、

その繋がりでLABOやDococaでライブが行われることもしばしあります。

僕が一人で営業していれば、

さほど音楽に情熱が無いのでライブの話は来ないでしょう。

そして、

シフトに入って半ば強制的にライブを見てみると、

凄く良かったりする訳です。

CINEMA dub MONKS、渡邊俊美さん、

ミナクマリ、ウルフルケイスケさんとか、

前知識なしで見た訳ですが最高でしたね。

自分の好きなものだけしていたら、

絶対に知る事のなかったことを、

会社のおかげで強制的に知れて、

結果僕の知識や世界が広がる。

 

大学でも凄く苦手で嫌いな、

人前で喋る行為を繰り返す地獄のような授業

【スピーチ】が必修であったのですが、

この授業のおかげで(最初はほんとに地獄かと思いましたが)、

人前でしゃべることに抵抗がまったくなくなり、

今は出版した本についての講演の仕事もしていています。

これも学校で強制的に受けさせられた授業の賜物。

 

好きなことをすることは、

自然と頑張れるし当然大事なことだけど、

学校や会社から課せられる興味の無いジャンルのことも、

真剣にやっていくと、

以外と楽しかったり、

僕のスピーチの授業のように、

人前で喋るのが嫌いだったのは、

そのジャンルに期待しすぎているからと気がつくこともあります。

(僕は人とのコミニュケーションに期待しすぎていて、

人前で喋ることで、

コミュニケーションに失敗するのを恐れていたと気がついた)

 

さて、

今日もDococa Coffeeで初めて拝聴するアーティストのライブです。

予期してなかった感動がありそうです。

 

www.amazon.co.jp