読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

資金ゼロでカフェをつくる男

不運にも!?毎回資金ゼロでカフェを作ってしまう男のブログ

就活の面接って、【片思いの恋の告白】みたいなものなので上手くいかないのが当たり前。

カウンター越しに17年、人と関わって想うこと

https://www.instagram.com/p/BEP6-5jBVLk/

Instagram

カフェを経営していると面接をする側だったりします。

そしてアルバイトの学生達が就活をしている様を見聞きしているので、

【就職活動って恋愛とにているなぁ】と思っています。

 

就活側は色々調べて「ここに就職したい!」と一方的に思っているので、

片思をしている人みたいなもんです。

面接をする側はバレンタインにいきなり知らない子からチョコもらうのと似てますよね。

突然「働かせてください」と言ってくる人に対して、

面接側は「良いよ」って言ってしまうと長く一緒にいることになるわけだから、

「ランチに誘ったら来てくれそうか」

「一緒にいて沈黙が苦になる人か?」

へたをしたら

「自分より優秀そうだと言う事を聞かせ辛いから嫌だな」と思う人もいるでしょう。

面接官も人間なので【仕事が出来そう】<【人相性】で、

上みたいな事が「仕事が出来そう」より大事だったりします。

 

なので就活は、

一方的な片思いの告白と一緒で、

大体が上手く行かなくて当たり前じゃないかなと思います。

 

もし自分を殺してむりやり面接側に合わせて就職出来ても、

8時間も偽って仕事をするのは大変ですよね。

恋愛も相手に合わせて自分が我慢しすぎたら上手く行かないですし。

なので就職活動をしている皆さんは、

たくさん落ちてもびっくりしなでください。

【就職出来たら運がかなり良い】だけなので、

失礼はない程度に自分もきちんと出して面接などをした方が、

結果相性の良い会社に就職出来ると思います。

ちなみに僕のカフェでバイトをしていた学生達は、

優秀な子ほど就活に苦労していますね。

 

ちなみに僕のカフェで人を採用するときは、

「僕より優秀な人」ってことが条件の一つです。

優秀な人に囲まれて仕事をするのはとっても楽ですからね。

 

Amazon.co.jp: LIFE LABO: 資金ゼロでカフェをつくる方法 電子書籍: 完戸 修平: Kindleストア