読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

資金ゼロでカフェをつくる男

不運にも!?毎回資金ゼロでカフェを作ってしまう男のブログ

もし生き様が墓標に刻まれるとしたら、僕の人生は誇らしいか?

カウンター越しに17年、人と関わって想うこと

f:id:s-shuhei:20161012141143j:plain

 

大切な仲間が亡くなってもう1月経ちます。

彼女の墓標に、

生き様が刻まれるとしたらどんな言葉だろう?

 

【服も音楽も趣味も、

その辺にたくさんいる量産型の子とは全く違っていました。

 

アクセサリーの作り方、

カフェラテの作り方など、

たくさんのことを伝えたけど、

歩みは遅い子でした。

でも、

手に入れた技術は決して失わない子でした。

 

とにかくやってみる、行動する子でした。

なので失敗も多かったし、

多くの人より傷は多かったと思う。

 

あのイベントもこのイベントも?ってくらい、

売り子から裏方まで、

色々なところで仲間の役に立つことしたい子でした。

 

たくさんの仲間に命を惜しまれて、

濱田恵理ここに眠る】

 

美辞麗句だけでなく、

僕がから見たあの子を言い表したらこんな言葉かもしれません。

やりたかったことはたくさんあったと思うから、

悔いはあると思う。

でも、

仲間に愛された素晴らしい人生だったと僕は思います。

 

以前人生の師の一人にこんなことを言われたことがあります。

 

【1週間前の君と今の君は何か違う行動をしている?

1ヶ月間の君と今の君は?

1年前とはどうだろう?

もし変わっていないとすれば、

これからもずっと変わらないよ。

君がこのまま変わらず生活を続けて死んだとして、

生き様が墓標に刻まれるとしたら、

君にとってその言葉たちは誇らしいかな?】

 

僕がこのままの変わることなく生活を続けて、

死んだとして、

僕の人生は誇らしいだろうか?

そうは言えないと思う。

 

僕が生きている1日1日は、

誰かが生きたかった1日だと思う。

その1日をどう過ごしていくか?

たくさんじゃなくていい、

大切な人を大切に、

大切なものを大切に、

楽(らく)よりは大変でも楽しいことを、

他人にもらう資格や価値ではなく、

自分で新しい価値を創っていく。

1年前より、

1月前より、

昨日より違う行動をしていこう。

 

月命日にそんなことを想うのでした。