資金ゼロでカフェをつくる男

不運にも!?毎回資金ゼロでカフェを作ってしまう男のブログ

得たい感情が得れるなら、職種は何でも良いんじゃないかな

f:id:s-shuhei:20170505133428j:plain

ただ単にお金をたくさん稼いでいる人で、
幸せじゃないない人にもたくさん会い、
人徳人脈お金もあり、
ついでに愉しそうな人にもたくさん会って、
後者で生きるには、
職種ではなく、
仕事をすることで得られる根底ある感情をゴールにすることが大切だと、
最近頓に思います。
例えば仕事で、
「10年後もそれを続けたいですか?それを10年続けて楽しいですか?」
と問われたらどうだろう?
10年後も続けていたい仕事なら、
それはとてもラッキーだと思うんです。
好きなことは勉強も勝手にするし、
生産性が一番上がるので、
良い仕事が出来る可能性が高いから、
売り上げ、評価、感謝などにつながりやすい。
僕はコーヒー、インテリア、アートなどが好きなので、
10年後もカフェを続けていたいなぁ。
(現場にはあまりいないと思いますが)
なのでこれからも毎日、
続けていくための努力や行動をするでしょう。
正直に言うとカフェ経営はとても大変で難しい。
でも、とても愉しい。
ゲームもそうですが、
楽なことほど退屈ですからね。

でも僕がカフェを仕事にしてるのは、
職種が大事というわけではなく、
好きなことだから生産性が上がって色々な人から感謝されたり、
役に立てるからだと思うのです。
この「誰かの役に立てる」って感情が
根底にあるから続けられると思うのです
過去にお会いした年収1000万以上あっても、
幸せじゃない人は、
お金はあるけどその感情を得れてない人が多かったと思います。

根底にある自分が得たい感情が変わらなければ、
職種はなんでも良いのかもしれません。
もちろん向いている職種はあると思います。
でもどんな仕事でも、
皆が嫌がることをやれたり、
皆が出来ることをとんでもない情熱で毎日行ったりすれば、
仲間やお客様から感謝されて、
どんな職種も「10年後も続けていたい」と思えるような、
掛け替えのない仕事になっていくのだと思います。

時期的に新社会人のみなさんで、
今の会社で良いのだろうか?と迷う人もいると思いますが、
大丈夫です。
まずは頑張って、
その会社、部署、同期入社の仲間の中で、
必要とされる人になってしまいましょう。
そうすると、
必要とされ、あてにされ、感謝されて、
仕事をすることの先の根底にある、
得たい感情が得れるので、
その仕事が掛け替えのない大事な仕事になっていきます。
ちなみにここでの頑張る定義は
【誰にでも出来ることを、とんでもない情熱でやる】
【誰にでも出来ることを、とんでもない量をこなす】
イチロー選手の素振りがそうでしょ?
誰にでも出来ることを、
とんでもない情熱で量をこなして今があるはず。
会社に幸せにしてもらおうと思っていると、
幸せにはなれないですよ。
こっちから行動をしないとね。

ちなみに僕がカフェを辞めて新聞配達員なったら幸せかどうか?
電子書籍にUPしています。
下のリンクから買えますので、
気になった方は覗いてみてください。

 

下は僕のHPです。
僕らの店のページにもここから行けます。
僕の電子書籍【資金ゼロでカフェをつくる方法】も、
こちらからAmazonで買えます。
http://shuhey445.wixsite.com/s-shuhei