読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

資金ゼロでカフェをつくる男

不運にも!?毎回資金ゼロでカフェを作ってしまう男のブログ

自分の好きなことが隠れているかもしれない場所

f:id:s-shuhei:20151104133831j:plain

人生を楽しく生きようと思い、
それを叶えている諸先輩に会って話を聞いたり、
様々な本などを読んで行くと、
【好きなことをやると上手く行く】に行き着く人は多いと思います。
でも「自分の好きな事が解らない!」と言う人が、
世の中の80%を占めると言われています。

 

好きな事の見つけ方は色々な方法があると思いますが、
僕に当てはまったものを1つ伝えたいと思います。

 

まずは好きなことを定義。
「頼まれなくてもしてしまうこと」
ここではそう定義してしまいます。
休みの大事な時間とお金を使って、
ついついしていることや、
日々の忙しさの合間にも、
考えたり、してしまうことなどね。

僕が好きなこと、
言い換えれば人生の目的は(目的は可視化や数値が出来ないこと)、
【自分が好きなことする】と【誰かの役に立つことをする】の二つです。

もう少し具体的な好きなことは(可視化、数値化が可能なこと)、

【好きな人たちと関わっていることが好き】
【コミニュティー(居場所と言っても良い)が欲しい】
【コーヒーが好き】【インテリアが好き】
【アートが好き】などなどですが、
上を全て含む職業がたまたま【カフェ】なわけです。

でも10〜20代前半の僕は、
「人と関わるのが怖いし、
だから接客業は絶対に嫌だし、人前で話すことは死ぬ事の次に嫌だ」
と思っていました。

今は接客業をして、
人前で講演もしているので、
「怖いし嫌いだし、苦手だ!」と思っていたことと真逆なわけですが、
これは、
某有名経営者に言われた、
【凄く怖いと思っていることや嫌っていることが、実は好きな事】が、
僕の場合とても当てはまっていたのだと思います。

そもそもなぜ【怖い、嫌】なのかを分析していくと、
僕は【人とのコミニュケーションに凄く期待していたから】で、
一番期待している事で、上手くいかない、失敗することが怖かったのだと思います。

期せずして、怖い嫌いを克服したのは、
大学での必修教科だったスピーチのクラスのおかげでした。
アメリカの大学だったので、
当然英語で喋らなけばならいのですが、
僕は「美術が安く習えるから、仕方なく留学した英語が苦手&嫌い」な人なので、
スピーチクラスは地獄でした。
怖い嫌い苦手が3拍子そろったこと毎週やるわけです。
人前でしどろもどろになり、
スピーチの内容も忘れたり、
顔が赤くなったり青くなったり、
さんざん恥をかきました。
いや、恥をかいたと思っていました。
ある日ふと、
「恥をかいたと思っているのは僕だけで、
クラスメイトは僕のスピーチや僕を気にもしていない」

ことに気がつきました。
母国語で喋っているので上手くないのは当たり前で、
クラスメイトは気にしていなし、
上手く喋れてないのはアメリカ人の子たちも一緒。
ようは期待が大きい故の自意識過剰だったんですね。

一般教科で取った心理学のクラスで、
「人は自分のこと話したいのであって、他人の話に興味は無い」と、
習ったのも後押ししてくれて、

スペイン語のクラスは、
たくさん発言の機会を与えられる授業だったのですが、
心理学の余談で習ったストックスピール
(得意な言い回しを数個用意しておくこと、占い師の技術)を使い、
ビールと美女を必ず絡めるキャラになり、
発言も受けたし、
例文を作るのも楽でした。
【毎晩】という単語を入れて文章を作る課題なら、
Yo beber cervezas todas las noches, com unas mujeres bonitas.
(毎晩僕は絶世の美女とビール飲んでいます)
みたいに。
※スペルや文法はもう忘れたんで間違ってても勘弁してくだい。

自分が怖いこと、嫌いなことの影には、
自分の大好きなことが隠れているかもしれません。

CAFE LABORATORY
Dococa Coffee
COFFEE HEAVEN
LABO PLUS
所長 完戸修平

www.amazon.co.jp