資金ゼロでカフェをつくる男

不運にも!?毎回資金ゼロでカフェを作ってしまう男のブログ

噂に上らないラーメン屋で過剰に分析してみた件

f:id:s-shuhei:20151122141055j:image
山形県は、
10万人あたりの人口に対するラーメン屋の数が、
ダントツ日本一だそうで、
みなさん好きなラーメン屋の1か2つを持ってるような気がします。
カフェのカウンターでも、
「どこのラーメンが好き?」って話に結構なります。
米沢市内のラーメン屋なら、
お客様に質問すれば何かしら情報が入ってくるのですが、
そんな中、
誰からも噂や話題を聞いたことが無いラーメン屋を見つけたので行ってみました。

【話題に上らないラーメン屋】
米沢市民の目を掻い潜り営業してるのか⁉︎ってくらい、
だれからも「行った」とか、
「あすこは醤油ベースだよ」とか、
評判を聞いたことがないラーメン屋。
僕がそこに入ったのは葉巻を買いに行った通り道に、
偶然その店を見つけたからでした。

新しい建物だったので、
最近出来たのかなと思いながら入店。
中はテーブル3席、お座敷席3卓くらいの、
米沢ではよくある昔ながらのラーメン屋スタイル。
年輩の男性店員さん目が目が合うも、
「いらっしゃいませ」はない。
ざっと壁面メニューを確認して、
「中華お願いします」と注文をすると、
厨房にいた年輩の女性店員さんが僕を見てコクッと頷いた。
「はい」「中華ね」「かしこまりました」などはない。
しばらくしてトイレに行き、
席に戻ってくると、
ラーメンと伝票がすでに置いてあった。
「中華お待たせしました」などを聞けたかもしれないけど、
タイミングを逸した。
ラーメン自体は普通に美味しい米沢ラーメンでした。
伝票を持って支払いに行ったら、
中高年の男性店員さんがお金を受けとり、
僕は店を出るのですが、
その間「ありがとうございました」もない。

なんと店の方々の声を一度も聞くこともなく、
店を出たのでした。
なかなか今まで経験したことの無いスタイルの店でしたが、
僕なり何故それが起きたのか仮説を、
3つ考えてみました。

仮説1 【僕が圧倒的に悪い説】
僕以外のお客様は爺ちゃんと婆ちゃんしかいなかったので、
僕が「ここはそう言う店だ」と言う言語外の情報を受け取らず、
グイグイ彼らのテリトリーに入ってしまったため、
警戒させてしまった。

仮説2【14:30と言う時間が悪かった説】
楽しみにしていた賄いの時間を、
僕の来店のせいでご破算にされて機嫌が悪かった。

仮説3【元々そんな店説】
店員さんから何も言葉は発せられなかったけど、
そんなに「失礼だ!」「おかしいだろ!」と、
僕が思わなかったのは、
その店がずっとそのスタイルで営業している歴史を、
僕が感じたからかもしれない。
カフェで言えば栃木の名店SHOZO COFFEEのような、
静かなホスピタリティが売りなのかも。

なんにせよここはもう一度行ってみようと思います。
できればその時も「いらっしゃいませ」「ありがとうございます」
とか言われない方が盛り上がるなぁ。

CAFE LABORATORY
Dococa coffee
COFFEE HEAVEN
LABO PLUS
所長 完戸修平