読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

資金ゼロでカフェをつくる男

不運にも!?毎回資金ゼロでカフェを作ってしまう男のブログ

講演を聞いて良かった事は直ぐに行動する2つの個人的な理由

f:id:s-shuhei:20160715155529j:image

昨日はビジネス心理学講師 酒井とし夫さんの講演を聴いてきました。

すぐに使えるメソッド盛りだくさんだし、

酒井さん自身もとても面白い人で収穫の多い講演でした。

ここ一年で短パン社長、小山恒二君、遠藤直人君の講演を聞きましたが、

僕はすぐに何かを行動に移します。

短パン社長の講演でブログを初めて、

(講演で話を理解する為に会う1ヶ月前から始めました)

小山君の講演でルーティーンをスタッフ全員で作り、

遠藤君の講演からブログや発信の内容を変え、

昨日の酒井さんの講演からも、

全スタッフで行う2つの事を決めました。

まずはもちろん、

今より楽しかったり、

売上が上がったり、

楽になったりするために勉強しに行っている訳なので、

行動するのは当たり前なのですが、

一番の動機は【講師に喜んでもらいたい】ことかもしれません。

次に講師の方にあったときに、

「あの講演のおかげて売上あがりました!」

「スタッフがより楽しんで働けてます!」

と言いたいのです。

僕も講演をしているので、

「楽しかった」「良かった」と言ってもらえるのは嬉しい。

でも楽しい良い講演はお金をもらうプロだから当たり前。

「講演の内容を実践して変わった!」が一番嬉しかったりします。

なので最近は行動が出来ない理由と、

行動が出来るようになる方法を、

脳の成分と心理学からお伝えする講演【決断と行動ができる たった3つの実践】

というお話をしています。

 

行動に移すのは、

どんなに良い事だと解っていても、

恒常性の維持、グルコースなど様々な邪魔があり難しい。

僕が比較的行動が早かったり出来たりするのは、

自分が良くなりたいってことや、

講演内容を実践して良くなってこと伝えて、

講師の方に喜んで欲しいというゴールがある事と、

なにより行動が出来るようになる仕組みを、

ロジカルに知っていることが功を奏しているのかもしれません。