資金ゼロでカフェをつくる男

不運にも!?毎回資金ゼロでカフェを作ってしまう男のブログ

スーパーカーさん今までゴメンナイ。あなたは素晴らしい方です

f:id:s-shuhei:20170718152432j:image

タイトルの通り、

僕は昨日までスーパーカーを侮ってました。
いや、正確には、
全く理解しようともしていなかった。
スーパーカーさんの何が素晴らしのか?を、
昨日まざまざと見せつけられた僕が、
その素晴らしさを3つ説明します。

 

1、【持っている】こと自体が素晴らしい。

昨日僕のカフェに来たスーパーカーさんは、
ランボルギーニアヴェンタドール
乗ってきたのは友人でスーパーカー屋の社長。
8万円の軽自動車1台から事業を始めて、
勉強と行動を繰り返し今の地位を築いた方です。
アヴェさんは値段もスーパーで、
4500万くらいのまさに動く家です。
それを手に入れたり、維持したりするには、
普通に生きている人より、
勉強、努力、行動が必要です。
「今、スーパーカーを持っている」
その過程がもはやスーパーなのです。

 

2、乗っている人に覚悟、人格がある(ないと無見地獄)

アヴェさんは画像の通り、
見た目もまさにザ・スーパーカーなので、
走っていても、
止まっていても、
駐車していても、
老若男女に見られます。
見られまくります。
乗り手には、
常に見られる覚悟は当然ながら、
「流石スーパーカーに乗っている人だ」
と見る人に納得させる雰囲気や、見た目もマストです。
覚悟と人格がない人には、
スーパーカーは高級な苦行の装置でしかありません。

 

3、スーパーカーは関わった人を笑顔にする

カフェの前に駐車していたら、
「エンジン音をどーしても聞いてみたい」
カフェのお客さんじゃ無い人が訪ねてきたり、
爆音で驚いた近所の人が、
警察に通報して、
警察官が2人きたけど、
スーパーカーを見て、
「あぁ、ランボルギーニならしょうがないっすね」
「値段いくらなんですか?」となり、
カフェのスタッフも、
「僕のシフトが終わるまでちょっと帰らないでください乗せください」
になるし、
関わった人がみんな笑顔です。
ちなみにオーナーはコンビニでもどこでも、
写真などを頼まれるそうですが、
快くOKしているそうです。
なんなら運転席にも乗せちゃってます。

カフェのバイトの子↓

 f:id:s-shuhei:20170718152455j:image

今までスーパーカーさんのことを理解していなかった自分が情けない(´Д` )。
これからスーパーカーを見るときは、
スーパーカーとは、
所有するまでの過程もスーパーで、
乗る人にも覚悟、人格があり(無い人は無見地獄)、
人々を笑顔にする不思議なの乗り物だと、
心に留めておきます。

大人が愉しく生きるために必要なこと=抑制抑制抑制からの・・・

f:id:s-shuhei:20170603181723j:plain

僕がまだ小さい頃の大人のイメージって、
「つまらなそう」でした。
僕の両親は公務員で、
仕事の愚痴とかは家に持ってこなかった人達だったけど、
それでも、
メディアや周りの大人達から伝わってくるのは、
「大人ってつまらそうだなぁ」ってことでしたね。
こうなると、
就職や大人になることが怖くなってくる。
なので僕は、
就職や大人を避けるために大学に行ったようなもんです。
若かりし頃、
僕みたいに思っていた人は多いのじゃないかと思います。
こんなことが、
ニートがたくさんいることに繋がっているのだと思う。

でも16歳を超えて、
人生が自分の責任になってからは、
(16歳を超えたら人生は自分の責任です。
親や環境のせいにするのは、
自分の努力や決断が必要じゃないので楽だけど)
【学生時代に戻るのは絶対に嫌だ!】と思えるほどに、
仕事や大人は愉しいものだとわかった。
小さい頃、大人が【つまらない】く見えていたのは、
【楽なことをしている】からだと気がついたからだ。
ちなみに、
大人が愉しいと気がついたキッカケは、
ただ働き始めたからではなく、
愉しそうな大人を探して会いに行って、
実際に生きている姿を見たからだと思う。
「責任を取りに行く生き方の方が愉しい」
「こんな生き方をしても良いんだ」
「大多数とは違っても生きれる」
なんとなく知識としてはそれは知っているけども、
実際にそう生きている人を見て話して体感するとでは、
腑に落ち方が違う。
20代の頃、
求めて色々な人に会いに行ったことが、
功を奏したのだと思います。

楽なことをしていると、
【つまらない】と感じてしまうのは、
脳の仕組み【愉しい】と感じる=【ドーパミンセロトニン】が関係しています。
人間は生物なので種の保存のために、
ご飯、sex、恋愛などでもドーパミン(行動を促すホルモン)は出ますが、
マラソン、登山、経営とか、
【辛い大変なことからの抑制抑制抑制→解放!】
が1番ドーパミンが出ます(ご飯の60倍は出るようです)。
そのあとセロトニンが出て人は【幸せ】になります。
なので趣味は、
ゲーム、釣り、各種スポーツ、写真、などなど、
お金も時間もかかって面倒なことがほとんどです。
それでも人は、
セロトニンに溢れた状態になりたくて、
ドーパミンに行動を促されて、
わざわざ面倒なことをする訳です。
それが愉しいから。

言われた仕事をするだけ、
決断しない、
責任を取らない、
新しいことに挑戦しない、
こんな生き方は我慢は必要だけど楽。
我慢は、
変化や決断より脳的には楽なので、
ドーパミンからのセロトニンは出ない。
だから楽を選んだ人は、
不満、愚痴に溢れてしまうのじゃないかな。

面倒なことを自分から取りに行く、
責任を取りに行く、
大変な様だけど、
実は脳の成分的にも、
それが愉しい人生を送るために、
脳の仕組みとしても必要なことなんだと、
改めて思うのでした。


下は僕のHPです。
僕らの店のページにもここから行けます。
僕の電子書籍【資金ゼロでカフェをつくる方法】も、
こちらからAmazonで買えます。
http://shuhey445.wixsite.com/s-shuhei

良い会社、良いグループにいるだけでは自分に価値は生まれない

f:id:s-shuhei:20170529155110j:image
社会人になってから、
自分が作った店や組織にいるので、
だいたいリーダーになってしまいます。
で、
リーダーとしてスタッフや仲間に、
「もっとそれぞれが、やりたいこと上げてくれれば良いのになぁ」
「もっとやりたいことを交渉してくれば良いのに」
と、頓に思っています。
実際、アルバイトの子が
「イベントをしてこのくらい売り上げ上げるので、
成功したら10%は成功報酬で下さい」
と、言って来た時はとても嬉しかった。
よほどコントロールしたい欲求が強く、
自分で全てやって全能感を味わいたいような、
器の小さいリーダーは別ですが、
こういう交渉を「嫌だ」と思う経営者やリーダーはいないと思います。
売り上げが上がるかもしれないし、
スタッフがやりたいことが出来て愉しそうだし、
もうそれでペイしたようなものです。
何かあれば僕が責任取りますしね。
せっかく、色々な人脈にアクセス出来たり、
箱を使える側にいるのだから、
言われた事をただやるより、
自分のしたいことを織り交ぜて行った方が楽しいはず。
ただ与えらえる仕事や、
企画されたイベントを運営しているだけなら、
換えが効く存在になってしまう。
自分から仕掛けて初めて、
なくてはならない人間になって、
今よりも大切にされ、
組織の価値も自分の価値も上がっていく。
そんな人と一緒に仕事や遊びが出来たら最高ですね。

 僕もグループに属した時は、
待つだけの人ではなく、
自分から動く人でありたいな。

 

下は僕のHPです。
僕らの店のページにもここから行けます。
僕の電子書籍【資金ゼロでカフェをつくる方法】も、
こちらからAmazonで買えます。
http://shuhey445.wixsite.com/s-shuhei

昨日、僕の潜在意識の書き換えが行われたので、どうやって?どのように?を解説します。

f:id:s-shuhei:20170507162055j:plain

カフェや彫金の仕事をしながら、
潜在意識の使い方や変え方、
1日の97%の占める、
無意識の自動行動を変える方法をお伝えするお仕事もしていますが、
自分でも正に【今、変わった】と気がつく時があります。
それが昨日ちょうど起きて、
なかなか見事だったので、
例としてご紹介したいと思います。

■まずやったことは【スマートフォンの画像を変えただけ】

今まであまり【痩せよう】【運動したい】と、
思わなかったのですが、
ここ1年で5キロほど体重が増えたのと、
これから一緒に遊びたいと思っている人たちが、
痩せているとかではないのですが【スタイル】のある方が多いので、
今の自分のままで行ったら、
「彼らの場の価値を下げちゃうなぁ」と感じたので、
「よし!痩せよう」と思ったのが4月1日、
そして僕がやった行動は、
スマートフォンのフォルダ【寝る前と、朝起きた後にすぐ見る画像集】に、
ネットで探したスタイルの良い男性モデルの画像(顔は無しです。自分の体だと脳に思わせるため)を入れた。
これだけです。
寝る前、起きた後に見たものは脳に刷り込まれやすいので、
習慣が構成される約21日間それを見ていると、
スタイルの良い自分の方が脳にとってはいつもの自分だと感じ始めます。
お腹ぽっこりの自分が【いつもの自分じゃない!】と脳が思うわけです。

■そしてやけにダイエットや筋トレの情報が目につくようになる

人間は普段、
省エネのために100%の世界から、
自分に必要な5%の情報だけを選んで、
見え聞こえるように作られています(過去ブログ参照↓)。

http://blog.hatena.ne.jp/s-shuhei/s-shuhei.hatenablog.com/edit?entry=6653586347145685638

その機能(RAS)が、
痩せる、筋肉をつけることが大事だと認識するので、
それに関する情報に目を行かせるようになります。
なので、
今まで見たこともなかったライザップのCMや、
ファステイングの情報などがバンバン飛び込んできます。

■そして行動が変わる

今の体でいるのが嫌でしょうがなくなります。
とりあえずネットなどで調べて、
インターバルトレーニングを毎朝始めました。
そして、
FBの僕が所属しているクラブのスレッドに、
「体型を変えたいのですが、どなたかご教授を」と何気なく書き込んだら、
わずか数時間で兵庫のトレーナーまでつながり、
なぜかモナコの大富豪の方も一緒に遠隔でトレーニングを受けるところまで行き、
書き込みから20時間後には来店されたお客様に、
僕→「ダンベル必要なんですけど持ってます?貸してもらえます?」
お客様→「ありますよ!お貸しします」
になります。
昨日の一連の流れは、
【あれ? マジで? え! そこ行く? 行くの!?  うぁー!やります!】な感じでした。

まさかこんなことに!と思いましたが、
全部自分で起こしているんですよね。
1日の97%の行動は、
脳の視床下部で行っているので、
クラブのスレッドに書き込んだのは、
僕の無意識が「ここに書けばあの体になるでしょ」と行動させている。
自分でコントロールしているのは3%なので、
自動行動を司る潜在意識の97%に比べると弱い。
でも潜在意識を上手く働かせる手段を知っていると、
今回のように、
自分では予想もしない手段で目的が叶ったりします。
そして予想がつかないけど叶うが起きると、
【潜在意識が変わった】と確信します。
潜在意識が変わると日々の97%の行動が変わるので、
生活が変わり、
性格が変わり、
人生が変わっていきます。

 

下は僕のHPです。
僕らの店のページにもここから行けます。
僕の電子書籍【資金ゼロでカフェをつくる方法】も、
こちらからAmazonで買えます。
http://shuhey445.wixsite.com/s-shuhei

得たい感情が得れるなら、職種は何でも良いんじゃないかな

f:id:s-shuhei:20170505133428j:plain

ただ単にお金をたくさん稼いでいる人で、
幸せじゃないない人にもたくさん会い、
人徳人脈お金もあり、
ついでに愉しそうな人にもたくさん会って、
後者で生きるには、
職種ではなく、
仕事をすることで得られる根底ある感情をゴールにすることが大切だと、
最近頓に思います。
例えば仕事で、
「10年後もそれを続けたいですか?それを10年続けて楽しいですか?」
と問われたらどうだろう?
10年後も続けていたい仕事なら、
それはとてもラッキーだと思うんです。
好きなことは勉強も勝手にするし、
生産性が一番上がるので、
良い仕事が出来る可能性が高いから、
売り上げ、評価、感謝などにつながりやすい。
僕はコーヒー、インテリア、アートなどが好きなので、
10年後もカフェを続けていたいなぁ。
(現場にはあまりいないと思いますが)
なのでこれからも毎日、
続けていくための努力や行動をするでしょう。
正直に言うとカフェ経営はとても大変で難しい。
でも、とても愉しい。
ゲームもそうですが、
楽なことほど退屈ですからね。

でも僕がカフェを仕事にしてるのは、
職種が大事というわけではなく、
好きなことだから生産性が上がって色々な人から感謝されたり、
役に立てるからだと思うのです。
この「誰かの役に立てる」って感情が
根底にあるから続けられると思うのです
過去にお会いした年収1000万以上あっても、
幸せじゃない人は、
お金はあるけどその感情を得れてない人が多かったと思います。

根底にある自分が得たい感情が変わらなければ、
職種はなんでも良いのかもしれません。
もちろん向いている職種はあると思います。
でもどんな仕事でも、
皆が嫌がることをやれたり、
皆が出来ることをとんでもない情熱で毎日行ったりすれば、
仲間やお客様から感謝されて、
どんな職種も「10年後も続けていたい」と思えるような、
掛け替えのない仕事になっていくのだと思います。

時期的に新社会人のみなさんで、
今の会社で良いのだろうか?と迷う人もいると思いますが、
大丈夫です。
まずは頑張って、
その会社、部署、同期入社の仲間の中で、
必要とされる人になってしまいましょう。
そうすると、
必要とされ、あてにされ、感謝されて、
仕事をすることの先の根底にある、
得たい感情が得れるので、
その仕事が掛け替えのない大事な仕事になっていきます。
ちなみにここでの頑張る定義は
【誰にでも出来ることを、とんでもない情熱でやる】
【誰にでも出来ることを、とんでもない量をこなす】
イチロー選手の素振りがそうでしょ?
誰にでも出来ることを、
とんでもない情熱で量をこなして今があるはず。
会社に幸せにしてもらおうと思っていると、
幸せにはなれないですよ。
こっちから行動をしないとね。

ちなみに僕がカフェを辞めて新聞配達員なったら幸せかどうか?
電子書籍にUPしています。
下のリンクから買えますので、
気になった方は覗いてみてください。

 

下は僕のHPです。
僕らの店のページにもここから行けます。
僕の電子書籍【資金ゼロでカフェをつくる方法】も、
こちらからAmazonで買えます。
http://shuhey445.wixsite.com/s-shuhei

応援する人がいつか応援される人になる。

f:id:s-shuhei:20170426154156j:image

【人を応援する人は、いずれ応援される人になる】

これは以前ある成功者に言われた言葉です。

 

応援といえば、

サッカーのサポーターを見ていると凄いなぁと思います。

仕事でもないし、

義務でもないのに、

日本代表の試合ともなると、

仕事を休んで(人によっては辞めてまで)、

お金を出して海外に行き、

とんでもない労力で応援している。

応援することによって、

心が満たされているとは思いますが、

あれは物の対価を求めない純粋なエネルギーですよね。

 「自分のことにエネルギーを使えば良いのに」と思ったりしますが、

自分に照らし合わせてみると、

誰かを応援している時や、

誰かの期待に応えよう!と、

自分を含む他人為に行動してい時は、

自分のためだけより遥かに力が出ています。

 

僕は、

もし結婚していなかったり、

店の仲間がいなかったら、

とてもくだらない人間だったと思うのです。

自分だけ幸せで生きるだけなら、

店を増やさなくても良いし、

成長も変化もないけれども、ただ生きれますから。

週末の飲み会や、

たまの休みを楽しみに生きるだけの人生だったと思います。

でも家族や仲間の存在、

【応援している人がいる】

【応援されていて期待に応えたい】と思っている状態は、

自堕落な自分にはとても大事で、

これがないと、

変化も成長もない人生だったろうなぁ。

 

そんな僕も、

随分と色々な人に応援してもらっているなぁと感じています。

店を作っている時もそうでしたが、

今、講演などで呼んでいただく時も、

(まず自分で主催ってことがなくて、誰かが企画してくれるのですが)

様々な人が自発的に様々な役割を担ってくれて、

毎回無事講演をすることが出来ています。

ありがたいですね。

 

応援はいずれ信用になって返ってくるから、

安心て応援したい様にすれば良いし、

自分のことのためだけには頑張れないのが人だから、

 たくさん応援されて期待応えていけば、

すごく愉しい人生になるんじゃないかな。

 

さて、

僕も両方を頑張ろう。

 

下は僕のHPです。
僕らの店のページにもここから行けます。
僕の電子書籍【資金ゼロでカフェをつくる方法】も、
こちらからAmazonで買えます。
http://shuhey445.wixsite.com/s-shuhei

 

 

新しいことを始めたとき、邪魔が入ったり、何かが壊れたりして、進むのが遅れたりするのは、行動による変化で現実世界が変わって来た証拠。なのであと少し行動しよう。

f:id:s-shuhei:20170416152646j:plain

仕事を辞めて新たな事を始めようと行動を始めたとき、

店を新しく作りはじめたとき、

ルールや仕組みを大きく変えようと動きはじめたとき、

などなど、

今迄の習慣から変わろうとしているときは、

とにかく様々な障害が必ず現れます。

これは以前のブログでも触れているけど、

今迄の生きれている習慣が変わるのが怖い自分の脳や、

あなたが変わってしまうのが怖い周りの人からの

【恒常性の維持】

(恒常性の維持=生物が21日間、生きれていた習慣を無意識で守ろうとする機能)

なのでしょうがないのです。

 

自分が望む変化なのに、

自分で「不景気だし」「子供が小さいし」「今じゃないって気がする!」などなど、

変化や行動を辞める理由がたくさん浮かぶのも、

その恒常性の維持です。

これを【創造的回避】と言います。

これは自分が意図的にやっているのではなく、

脳の潜在意識が自動で行っていることです。

(ちなみに人間の行動の1日の行動の97%は潜在意識による自動行動です)

友人、家族が様々足を引っ張るのは、

悪気があるわけはなく(悪気ある時もあるかも)、

今のあなたが友人や家族の【環境】でもあるので、

変わられると習慣が変わって居心地が悪いから、

本当はあなたが夢を叶えたり、

良く変わっていったほうが良いに決まっているのに、

脳が自動で足を引っ張らせています。

 

僕も今、

今までのことを丸っと見直して、

様々変えている途中なんですが、

まぁ~今迄おきなかったような障害が様々現れます。

冬季間休業中の店のトイレが壊れて水が床に溢れてたり、

まぁ足を引っ張ることが必ず起きます。

 

でも、

これらのことが起きているってことは、

変化が具体的で未来が変わると自分も周りも無意識に気がついている証拠。

こんなときは上手くいかない事の連続のせいで、

「今がタイミングじゃないのかも」などど思ってしまいがちですが、

邪魔が入る=変化が起きている証拠なんで、

もうひと頑張りしましょう。

思いもよらない方向から助けが来たり、

もっと良い条件の話が来るようになったりします。

僕も今まさにこの過程にいるのでよーく解ります。

 

乗り切るコツその1は、

【意識に上げる】ことです。

創造的回避で、

前向きな辞める言い訳が浮かんだときに、

「あれ?なんで変化した未来のほうを望んでいるのに、

辞める理由が浮かぶんだろう?」

と意識に上げれるとコントロール出来ます。

心臓を動かす、胃液を出すなどは、

意識に上げれない自動行動なので、

コントロール出来ないですが、

創造的回避は、

呼吸や瞬きと一緒で、

普段は無意識が自動で行う行動ですが、

意識に上げれるのでコントロールが出来ます。

 

コツその2は、

21日間やると決めることです。

人間の習慣は約21日間でできると言われています。

習慣になってしまえば、

望む未来のための行動をしている自分が、

いつもの生きれている自分の習慣になるので、

変化を望んで行動する自分がいつもの自分になります。

 

さて、

僕も色々な障害がありますが、

望む未来の為に、もう少し行動しますかね!

 

下は僕のHPです。
僕らの店のページにもここから行けます。
僕の電子書籍【資金ゼロでカフェをつくる方法】も、
こちらからAmazonで買えます。
http://shuhey445.wixsite.com/s-shuhei